<旬株市場の投資戦略・投資方針 >                                            



 
 旬株市場での旬のStance


株式市場では、常に銘柄のテーマとトレンドが存在しています。どのようなトレンドを描いているのか?どのような銘柄が流れの中心になるか?中心的な銘柄はどんな銘柄なのか?王道銘柄はどんな銘柄なのか?株式市場での流れの中心の銘柄を旬として考えています。旬株市場では、常に株式市場がどのようなメッセージを語りかけているか?を感じ取って旬な銘柄を発掘する事とトレンド分析、テクニカル分析により利益に結びつくと考えます。


 株式市場からのメッセージ


株式市場がどのようなメッセージを分析します。建設株、電気株、銀行株、証券株、IT株、新興市場株(マザーズ、ジャスダック、ヘラクレス セントレックスなどから、仕手材料株なのどの情報からの分析、テクニカル分析など、どの様な銘柄が市場の旬なのか?流れなのか?を研究していきながら上昇する確立が高そうである銘柄を提案し利益獲得を狙います。


 旬株市場の利益確定


旬株市場では、対面証券会社、ネット証券会社どちらの証券会社をお使いでも利益が出るようにと考えています。投資資金の10%から15%を利益確定と考えています。確実に利益を取っていただくことをお奨めしています。投資資金が50万円であるのであれば5万円から7万円になりプチお金持ちになる事が出来る事が可能になります。

 ご自身が買い付けた銘柄の値段が安値となり一度も買値を下回る事が無ければこの限りでは無く大きな利益を狙えるチャンスと考えます。

 テクニカル分析で寄付きの大陰線などが示現した場合も10%〜15%を待たずに利益の確定や損失になる場合もあります。

 銘柄・投資・リスクについて

 株式投資では、自己責任が前提となります。最終的にご提案をした銘柄を買う、見送るか?を判断するのはあなたなのです。ご提案する銘柄が予想と反する値動きとなった場合には損切りの可能性もあります。また、上昇しそうな銘柄があったとして業績面からでは投資に不適格である、この部分にはついては、下落要素がありそうな銘柄についての銘柄は紹介して後にリスクの説明を記載いたします。


トップページ  



前のページ←流のイメージのページへ
次のページ→寄前LINKのページへ        





Copyright(C) SHUN-KABU-SIZYO All rights reserved