<流れの投資方法>                                                           



 株式投資で、資金を増やして儲けるには、どの様な投資方法をすれば儲かるのか?考えていきましょう!株式市場での投資法は星の数ほどある中でも押さえておかねばならない事柄があります。儲けに必ず繋がるはずですから下記の事は押さえておきましょう! それは、何でしょうか?『流れ』なのです。   

 
  『流れとは・・・』 
 川にも流れがある様に上流から水は下流に流れます。
もしも、あなたが川で泳いでいたとすると楽な方法は?流れに沿って泳ぐ事を選択するでしょう。                       


  『株式市場では・・・』                         
 
株式市場には常に流れが存在しています。流れは、旬とも言替える事も出来てまた、テーマとも株式市場では言っています。


 流れ、旬、テーマともに株式市場は、日々変化し常に新しいものと動くのです。例えば、景気回復、☆不良債権の減少する事が予想される⇒銀行株が流れになり出来高も増え、値動きも良くなっていきます。
 ☆自動車の鉄鋼が不足している⇒鉄鋼株が流れになり出来高も増え、値動きも良くなっていきます。
 ☆設備投資の企業が以前より多くなりはじめた⇒機械株が流れになり出来高も増え、値動きも良くなっていきます。
 ☆日銀・政府が景気の脱踊り場宣言をした⇒景気回復の加速が予想される。⇒内需株、銀行、小売株など

その他の流れでは、東証一部の銘柄は値動きが無い状態で新興市場が活況である場合の時の流れは、新興市場銘柄なのです。また、新興市場が動かなく低位仕手株が活況である場合の時の流れは低位仕手株です。



 
トップページ                                                          



トレンドの重要性のページへ


Copyright(C) SHUN-KABU-SIZYO All rights reserved